夜、眠れなくてしりとりへ誘ってみたら。

夜、心配性で眠れなくて。

私はなかなか寝られないくせに、なかなか起きられない派。(笑)

寝る前は必ず何らかの心配性を発生させるので頭がぐるぐるして眠れなくて、朝は現実逃避したい気持ちが夢の中ですでに漂い、夢の中にまだいたくて起きたくないという感じでございます。

Vƒwƒbƒ_[

原因は寝る前にスマホを見たりして、余計に心配性を発祥するから眠れないんだって自分でも分かっているんですけど、頭を空っぽにして眠ろう眠ろうって思っても寝付けない夜があるんですよね。

極度の心配症だから、あらゆる思い出や出来事から、思いつくこと全部ぜんぶ黙り込んで考えちゃうんです。こうなってしまったらどうしようって、仕事のこと、未来のこと、自分のこといろいろ。

Sponsered Link

心配性の人によくあること

心配性の人って、自分でもそんなこと起きない、アホなこと考えてるなってわかってるんです。

でも、考え込んでおいたほうがショックも少ないし、もし最悪な事態になったときにも対応できるようにしなきゃって勝手に思ってて、自分であらゆるネガティブネバーエンディング・ストーリーを作っちゃうんですよね。

あおい
今頷いた人は、きっと私とおんなじタイプ。

そういう悪い堂々巡りが春から治らず(というか子供の時から治ってないけど)顔に出るからあれちゃんにもすぐバレて、「考え込んでたら誰でも寝られない!忘れろ!」って夜はよく言われるのですが、ネガティブ思考のわたしの性格上、自分が納得するまでやめられないのですよ。悪い癖なんですが…

ちなみに私の心配性ストーリーはこちら

気にしすぎ、心配性なわたしへ旦那が言ったこと

2016.04.15

もしあなたも心配性だったり、何かに悩んでいたら読んで欲しい本があります

でも最近はすこ~しずつですが、本を読んだりいろんな人の心配性ストーリーを知りながら、治そうって努力もしてるんですよ!(一応。)そこで最近新しく買った本がなかなかよかったのでブログでシェアしたいと思います。

反省しては、いけない。悲しいニュースを、見てはいけない。あの人に言われたイヤな言葉を、思い出してはいけない。失敗の原因を、考えてはいけない。起こるかわからない将来を、心配してはいけない。寝る前に、してはいけないこと5カ条。

寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26ーより引用

ずばり本のタイトルで買っちゃいました。特にわたしにビビッときたのは「もしも30歳に戻れるなら」という24章目でした。

そこには、もしも自分が80歳になったとき、「あなたが相応の支払いをするなら、1日だけ30歳に戻してやろう」と神様から言われたら、あなたはいくら払いますか?という問いがありました。

80歳の自分が1日だけ過去に戻れるなら「1000円」で1日を買えるとは思わないし、もっともっと価値があって、1万円、いや5万円出してだって戻りたいって思うかもしれません。

これはかなり極端な話ですが、

80歳のあなたから見た「今日のあなたの1日」はそれくらいの価値のある「すごい1日」なんだってこと

寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26ーより引用

そのストーリーを読んで、今悩んでることなんて忘れて今の嬉しいこと、楽しいことに目を向けて精一杯生きようって、単純だけどものすごく思えたんです。

他にも仕事から起きる心配や、落ち込んだ日の気持ちを整理してくれる方法など、26もの方法が書いてあります。ぜひ気になる人は手にとってみてくださいね。

あおい
周りのひとや本から学んで、自分の弱いとこをちょっとずつ改めていきたいと思います!

そんでもって寝られないから気晴らしに「しりとり」をしたって話

昨日の夜。

ƒ}ƒ“ƒK11ŒŽ26“ú1

これも、嫌な気持ちが消える心の法則かもしれない。インド人、ほんまにツボすぎて夜中に近所迷惑なほど爆笑してしまいました。

あれちゃん
今日のフィンランド語は悩みを和らげる&気が楽になるの動詞Helpottaa(ヘルポッター)なんだか気持ちが楽になる単語。

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA