フィンランド家庭料理!美味しい北欧フィッシュスープの作り方

 

美味しい北欧フィッシュスープを作ってみよう!

夏にInstagramに投稿した、あれちゃんの作ったフィッシュスープの反響が良かったので、今日はフィッシュスープのレシピをブログで投稿します!!

あれちゃん
もともと夏に撮影していたんですが、遅くなっちゃった!すまん。

 

北欧フィッシュスープを作る前に…

フィッシュスープと聞いたら、フィンランドだから「サーモン」かな?と思う人が多いと思うのですが、今日調理するのはこのお魚!

affena

illust by Alechan

あれちゃん
アフベンです!

Sponsered Link

アフベンって何?

アフベンとは、ヨーロピアンパーチのこと。

ヨーロピアンパーチ(学名:Perca fluviatilis)は、スズキ目ペルカ科に所属する淡水魚の一種。ヨーロッパからアジアにかけて、ユーラシア大陸に幅広く分布するパーチの仲間である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヨーロピアンパーチより引用

フィンランド人が好む魚の1つで、とっても美味しいんですよ。

フィンランドのスーパーやマーケットで購入するとちょっとだけお高いらしく、自分で釣ってゲットする人も結構多と聞きました。


fish

あおい
日本だと何の魚になるのでしょうか?魚について詳しくないので、日本で調理することを考えて代用の魚をここに掲載したいのですが、調べてもわからず…。どなたかパーチの代わりになるお魚を知っていたらぜひ教えてください!

フィンランドで釣り旅ブログ

2016.09.03

アフベンで美味しく作ろう!北欧フィッシュスープの作り方

さて!今日はあれちゃんが久しぶりに北欧料理のレシピを公開いたします!!

用意するものはこちら!

hokuou

 

 

  • 魚の骨 3~4つ
  • 水   1.5リットル
  • 人参  1つ
  • 玉ねぎ 1つ
  • ローリエ 1~2
  • パセリ 
  • 胡椒
carrot

 

 

 

 

hokuou

 

 

  • アフベン 300g-400g(日本では他の魚を代用)
  • じゃがいも 6こ
  • 人参 2つ
  • たまねぎ 1つ
  • パセリ
  • ディル
  • バター
imo

 

 

 

では早速調理していきましょう!

hokuou kuva-1

1.魚の骨、頭と冷水、人参、玉ねぎ、ローリエ、胡椒、パセリ、ディルを鍋に入れます。少しだけ塩も加え、弱火で20分~30分火にかけます。

kuva-22

2.煮込み終わったらアクを取り除きます。

kuva-3

3.よくとれた出汁を、こし器に通して他のお皿に移して冷まします。

Sponsered Link

kuva-402

4.じゃがいも、人参、玉ねぎをバターでよく痛めます。

kuva-5

5.炒めたお野菜と出汁を鍋に入れて、だいたい15分ほど一緒に煮込みます。味をときどき確かめて、塩が足りなかったら少しだけ足しましょう。

kuva-6

6.さいごに、新鮮なディルと魚の白身、そしてパセリを熱々のスープに入れて完成です。

※パセリとディルはどちらか一方でもOK!

あれちゃん
完成しました!
img_0494-1
あれちゃん
フィンランドのパンを添えたらもっともっと美味しい!!!ぜひぜひフィンランドの家庭料理、フィッシュスープを試してみてください
あおい
あれちゃんのスープ、むっちゃ美味しかった~!今日のフィンランド語はお魚!Kala(カラ)むっちゃ覚えやすい単語!!

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA