それは抵抗がある!夫の両親に対してできなかったあること

あれちゃんのママとパパと仲良しの私ができなくて苦労したあること

あれちゃんのご両親はとっても素敵で優しくて、いつもまるで娘のように慕ってくれます。

結婚する前に1度、フィンランドへ来た際に数日間ほどお家へ泊めて頂いたときが初対面だったんですが、そんな私に対してものすごく愛のあふれた時間を作ってくれて、いろんなところに連れて行ってくれたりお料理を教えてくれたりと、まるで家族の一員のように迎えてくれたんです。

Aoi
なんてあったかい家族なんだーーーー

と感動したことを今でも覚えています…

さて、そんな素敵なあれちゃんのご両親に対して、あることができなくて苦労したお話を今日はご紹介!

旦那の両親に対してそれはできないよ…

ƒ}ƒ“ƒK6ŒŽ30“ú

そう…。これがわたしの中で抵抗のあったこと…

フィンランドはみんな名前で呼び合う!もちろん結婚相手のご両親も名前で!

漫画に書いた通り、結婚相手のご両親を名前で呼ぶのが一般的なフィンランド。日本で育った私にとって、お義母さんとお義父さんのことを名前で、しかも呼び捨てで呼ぶなんて最初はもちろんかなり抵抗がありました。

例えば、お義母さんの名前がMartaだったらそのまま「Marta!」って呼ぶのですから、なんだかものすごく違和感を感じてしまいます。友達ならともかく、相手のお母さんを呼び捨てか、、、と。

きっとフィンランドだけでなく世界中でそうしている国は多そうですが、もし私が日本人の方と結婚したとして、相手の両親が「しげお」と「はるこ」だったら、

Aoi
しげお!おはようございます
Aoi
はるこ!今日はいい天気ですね

って呼ぶのかって思っただけで、心がぞわぞわする、、、、笑

まあ、日本ではあり得ない話なので例え話で世界と比べても意味がないですが、ほんとうにせめて「○○さん」のようなすこしでも丁寧な呼び方をしたいのが本音です。

今では名前で呼ばせて頂くことに慣れましたが、できることならわたしも「äiti(アイティーお母さん) Isä(イサーお父さん)」って呼びたいな~

 

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
義理両親の呼び方

この記事をシェアする

6 件のコメント

  • いつも楽しく読ませていただいています!!
    あれちゃんとの留学後のエピソードブログ、楽しみにしています、、、!!笑、

  • めちゃくちゃわかります!
    あまりに渋りすぎてこの間なんて「私の名前よんでいいのよ。私の名前〇〇だから。」って言われてかなり焦りました。

    名前は覚えてるけど呼びにくいんだよーって心の中で叫びながら少しずつ呼ばせていただいてます。

    • ほんとにそうでした!私も何度も呼びにくくて困っちゃって、あれちゃんに横から言われました。笑
      それから先生まで呼び捨てで呼ばなきゃいけないのも困るんですよね、、あと仕事先の人も呼びすてだし、、、「さん」を付けさせてほしいです。笑

  • わかります〜名前で呼ぶの抵抗ありますよね!
    名前で呼ぶのドキドキします。
    私は、無理やり日本語でお母さん、お父さんって呼んでたら徐々に向かうが慣れてきてそれで押し通しました(笑)

    • 名前だけで呼ぶのって本当に最初苦労します。これぞ日本人あるあるですね!
      わはは!お父さん、お母さんで押し通したんですか!これは私もやりたい!!(≧∇≦)今でも時々慣れないので、その技、わたしもやろうかなっ!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA