【彼は、本音を話してくれた】国際結婚に至るまで(日本編)第20話

前回のストーリーはこちら

【最終日、砂浜で散歩しようと思ったら】国際結婚に至るまで(日本編)第19話

2017.04.14

秋田の砂浜を散歩していると、素っ裸の男性に遭遇、、、。

そんな時あれちゃんが大事な話があると言ったけど、遠くに見えるおじさんがちらつく!!!笑

ということで、、、今日の漫画を始めます。

Sponsered Link

そんな正直な思いを告白してくれたあれちゃんでした。

確かに、フィンランドの仕事社会と残業が当たり前な日本社会を比べると、日本で働く未来は、あれちゃんにとっては別世界。。。

16時や17時に帰宅できるのが普通のフィンランド人にとって、夜遅くまで会社に残って仕事をしなければいけない日常は考えられなかったようです。

ということで、秋田に行ってあれちゃんの本音を聞けた私は、、、

次回へ続く。

【別々の道を歩く決心をした、その直後】国際結婚に至るまで(日本編)第21話

2017.04.16

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

この記事をシェアする

3 件のコメント

  • こんにちは。毎回楽しく拝見させていただいています。個人的にはフィンランドのサウナの回がとても面白かったです。仕事についての考えというのはとても難しいですよね。私も雇われている時には残業はとても嫌でした。しかし、自分で事業を始め、個人で働くようになると終始仕事のことを考えるようになりました。残業でもやりたいことや自分の思い入れがあったりすると苦にはならないかもしれないですよね。

    • それからホームページも見せていただきました!
      とても素敵なゲストハウスですね!神社の前とは、、覗いて見たい。。。
      中の建築も本当に素敵で、あれちゃんとじっくりホームページを拝見しました。
      大阪出身なので、いつかあれちゃんと訪れてみたいなと思います!!

    • こんにちは!初コメントありがとうございます!
      サウナの回を見てくださったのですね!楽しんでいただけて嬉しいです。
      とにかく会社ではびこる無給残業や、夜中まで働かせる風潮は早く日本からなくなるように願います。
      フィンランドのように4時退社、5時退社は無理でも、とりあえず8時間労働の基準を徹底してほしいです。

      わかります。確かに、自分の仕事は夜までだってできてしまいます。
      私もそうで、日頃いつも次はあれしようこれしようと頭は仕事でいっぱいです(^ω^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA