フィンランドのカラオケBAR!個室はないけど楽しめることは満載。

フィンランドのカラオケ!個室はないけど楽しめることがある!

日本でカラオケと言えば、個室を友達や家族で借りて知っている人同士で歌って楽しむもの。しかしフィンランドには個室のカラオケルームをレンタルできるような場所はありません。

こちらでのカラオケといえば、個室ではなくBARのステージやコーナーで歌うのが一般的。

カラオケBARの中に小さなカラオケ用ステージがある場所もあれば、大きなテレビとカラオケコーナーが設けられているだけの場所もあったりと結構いろいろなんです。もちろんBARなので、その場所にカラオケが目当てで集まる人だけではなく、ただお酒を飲みに来るお客さんもいるので、「カラオケBAR」と看板を出していても普通にBARとして飲み会を楽しめます。

なのでもしフィンランドに来る人でこちらのカラオケに興味があれば、ぜひぜひカラオケBARと書いてあるBARもちらっと覗いてみてください!歌わなくても歌ってもわりと自由なので、お酒を片手に陽気な気持ちで良い夜を過ごせると思いますよ!

Sponsered Link

歌の注文の仕方が古いけど、なんかいい。

曲の注文は日本のように「ピ!」とマシーンで操作なんてできません。(笑)

BARなので、カウンターやDJさんに直接歌を頼むんです!曲リストの本から決めて、小さなメモ用紙に曲の番号と名前を書いて手渡しで渡します。

あおい
この瞬間がものすごく好きな私。歌います!っていう申請をする感じがいい(笑)この古さというかアナログ方法が気に入ってる…

それから順番を呼ばれる時も結構面白いんですよ。DJさんが英語かフィンランド語で「次は〇〇さんです!〇〇を歌いまーす!」って紹介してくれちゃったりするので、その紹介とともにステージへあがるところは、なんとも言えないドキドキ感。恥ずかしいけど、日本ではあんまり味わえないので、なんだか新鮮でこれもわたしの好きなところです。

BARにお客さんがたくさんいるときはなかなか順番が回ってきませんが、フィンランド人や外国人の方が歌う姿を見られるので待ってる間も楽しいものです。それに大体の人が酔っ払っていることもあり、歌を歌う真剣度は人それぞれ。熱唱する人もいれば、時々どろどろに酔っ払った人がマイクを手にするときも…。そういう時は、酔っぱらいの叫びと歌が入り混じり、聞いてて危険なときもありますが、またこれも良い見学だったり。笑

ちなみに私は普通の若者が行くクラブよりも、基本的にカラオケBARで飲むのが好きなんです。こういう瞬間が見られるからかな…笑

 カラオケBARのたのしいところ

ƒ}ƒ“ƒK10ŒŽ26“ú

誰かがリズムの良い歌を歌い出すと、立ち上がり、歌っている人の周りで激しく踊りだす人を何度見てきたことだろう。笑

夜の楽しみ方を知る尽くしている大先輩達だな~!私もいつまでも陽気で踊り回るあのおばさんのようになりたい…。笑

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA