人は内から磨いてこそ美しい人になれる

 

昨日はFazer cafeの紹介をしましたが、

フィンランドの美味しいチョコレートに迫る!

実はFazer Cafeにてこんなことがありました。

 

女性は美よりも個性を磨くべき?

ƒ}ƒ“ƒK15 ƒ}ƒ“ƒK15

 

ええことを言うたのに、最後の「こらぁ!やめなさい」って怒る日本語に、コーヒーを吹き出しそうになりましたよ…

Sponsered Link

Vƒwƒbƒ_[

 

そういえばあれちゃん、日本にいた時もこんなことを言っていました。

 

「街中どこを見ても、ファッションやモデルの広告が多すぎて、日本人女性は窮屈な思いをしてそうだね…」と。

さまざまな広告が”女性はこうなるべき””こうならないと美しさが足りていない”と、強く発信しているように見える、と言うのです。

もちろん広告は商品の顔ですからそうでないといけないのは理解できるものの、「女性は美人で、可愛くて細くなるべきだ」という意識が日本人は特に強すぎるのではないか、と言っています。

ŠçƒXƒ^ƒ“ƒvaoi

うーん。確かにそう言われてみればそうかもしれませんよね。例えばプリクラ文化が一番の象徴ではないかなと思うところがあります……。

今のプリクラは、が細くなり目は大きくなり、髪の毛は艶々になり…勝手に修正が入るじゃないですかもちろん人によっては修正が入りすぎて変な顔になるという人もいますし、自分でも疑うほどの詐欺っぷり顔を見せれるかい!ってネタにしている人もいますよね…笑。

わたしもギシギシのくせ毛が艶々に写って、小さい目が大きくなった時は嬉しいもんでした。

今思えばおかしな話ですが、内心(なんで現実はこんな顔じゃないんだろう)って感じたこともあります。今考えてみると、プリクラが若い女の子達に与える理想のイメージってかなり刺激がある気がするんです…

まあ、とにかくプリクラの好き嫌いは色々ですが、でもその「足が細くて、目が大きくて、艶のある髪の毛」が”女の子が求める可愛い・綺麗という女性イメージ”とされ、それが若い世代で大流行するのですから、やはり日本人は外見を過剰に気にしているか、自分をより綺麗に見せたいという意思が強い方なのかもしれません。

あれちゃんの言うことも理解ができます。

 

ちなみにあれちゃんは、わたしがそんな外見に対するネガティブな発言を言えば、”どうしてそんな考え方をしてしまうのか”をとことん追及してくるんです。関西人がよく、いや、頻繁に言う自虐ネタでもとことん

Vƒwƒbƒ_[

「なぜそう思うのか教えて!」

と普段から「なんで?」「なんで?」と繰り返し聞いてきます。笑

 

例えば…いつも言う、

ŠçƒXƒ^ƒ“ƒvaoi

「鼻ぺちゃが嫌だ」に対して

Vƒwƒbƒ_[

「なぜ嫌か?」と問われる。

Vƒwƒbƒ_[

「鼻が高い人は綺麗だと思うから」と言うと

Vƒwƒbƒ_[

「なぜ鼻が高い人は綺麗なのか?」を聞いてくる。少し考えて

Vƒwƒbƒ_[

「美人はみんな鼻が高い人が多いから!!!」と言うと

Vƒwƒbƒ_[

「鼻が低いと美人ではないのか!?」とひねってくる

Vƒwƒbƒ_[

「美人でも低い人はいるよ!!!。でもわたしはそうじゃないから鼻が高い人に憧れるの!」

Vƒwƒbƒ_[

「変えられないものをねたんで、ネガティブになるなら考えてはなりません!あなたの鼻は一生変わりません。鼻が高くなりたいと思う思考を変えなさい!」

Vƒwƒbƒ_[

「……はい、、、先生」

と、心理学者のように返してきます…。

Sponsered Link

ちょっとしたネガティブ発言に「大丈夫だよ!君はそのままでいいのさ」みたいな薔薇をくわえた外人っぽい慰めは一生返ってきませんね(笑)

しかしそのおかげで、自分の見た目に文句を言って、劣等感を感じるような無駄なこともなくなった気がします。

 

 

綺麗になってやせないといけないっていつも思ってたし、

細くないから日本でビキニを着たくなかったし、

すっぴんで外に出るとなるとマスクして顔隠してたし(笑)

乱れた髪の毛でスーパーなんていけなかった…

 

そんな私が、今フィンランドで全部行ける&できるようになったのは…(笑)

周りや見た目を気にして、過ごすのをやめたからです。

 

おしゃれや化粧はしたいとき、必要な時に思う存分にすればいい。って思えるようになって、こうならなきゃいけない!こうならないとだめだ!と感じる癖はなくなりました。

 

人間はいつも誰かと何かを比べて、無理をするのが上手な生き物です。

まわりと比べるのではなく、自分の個性を内から磨いていける人になりたいな、と思えた1日でした。

 

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
フィンランドの美味しい

この記事をシェアする

4 件のコメント

  • 私は以前から、日本人の〝みんな同じがいい〟という観念やメディアや、流行の価値観を安易に甘受する点に疑問や憤りをもっておりました。フィンランドの方は個人の感受性を大切にしたり、教育も個性を育むように徹底されて、世界から注目されていると最近知りました。また、国土も自然が豊かでとても美しいのですね!もっともっとフィンランドが知りたいです!

    • コメントどうもありがとうございます!個々を大切にし、みんなを同じ箱に押しこめようとしないフィンランドでは
      大人になっても学べることがたくさんあって、わたしもすごく価値観が変わっていきました。

      これからもどんどんフィンランドについて紹介をしていくので、ぜひぜひよろしくお願いします。
      わたしももっと学んで、ブログを通じてたくさんの人に発信していけたらなと考えています。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    いつも、お二人とも可愛いな~とニヤニヤしながらblog読ませてもらっています。

    私は日本の美しさとはこうあるべきみたいな押し付けられた価値観にはうんざりしているし、自分らしく!と思っていますが、やはり日本にずっと住んでいると影響は大きくて…
    今、色々なことがあって自信喪失していたので、このあれちゃんの言葉にはとても助けられました。ありがとうございます。
    フィンランドにはヘルシンキしか行ったことないので、地方へも行ってみたいです!
    バックパック背負ってオーロラ観に行こうかな。
    これからもblog楽しみにしています。

    • 初コメントどうもありがとうございます!!\(^o^)/
      いつも読んでいただいているなんてとっても嬉しいです。

      そうですよね、、、あれちゃんの言うとおりで、わたしもこの言葉に励まされました。

      ぜひトゥルクにもいつか遊びに来てください!オーロラツアーもいいですね!(*^^*)
      これからも投稿続けて行きます!きーとす!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA