「ずるい」って思いながら我慢してたあの頃。【第四話】

 

前回のストーリーはこちら

「ずるい」って思いながら我慢してたあの頃。【第三話】

ついに夫婦喧嘩がはじまった…

ƒ}ƒ“ƒK5ŒŽ31“ú

 

ちょっと帰りたいって思ったけど…

あれちゃんの言い分、ものすごくわかる。ほんまにごめんって思いながら、うらやましそうな顔がとめられなかったんですよね…。笑

顔色で遊びに行きにくいオーラを作ってることもわかってたし、あれちゃんが帰ってきた時、気分的にいつもダウンしてしまう自分が情けないな~と思いながら、どうしても「いいな~」っていう嫉妬心が消せなかったなぁ…。今ではだいぶ心のコントロールができるようになったけど…

自分ってものすごく子どもなんやなあと、結婚生活を始めてから気付かされる出来事でもありました。

あれちゃんが、正直に思ってることを言ってくれてよかったなって今はものすごく思います。もしあの時「僕も我慢しないと…」とか「あおいがかわいそうだから…家になるべく居ないと」って思われてたら、私は自分の言動に気付けなかったし、今日までずっとウジウジ言ってたかもしれない。

明日へつづく…

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
ずるい夫

この記事をシェアする

2 件のコメント

  • めっちゃ分かります!あー私だけじゃなかったんや!この切ない気持ちなんどもホームシックになったし、わたしの旦那もアレちゃんと一緒!!そしてわかってくれないもどかさ!!
    痛いくらいわかるよ!!わかりまくります!

    • ゆりかさん!
      ですよね、、、、!フィンランドが楽しくても、やっぱり日本でしか味わえない楽しさも毎日どこか感じてしまって寂しくなるものです。
      とくに、友達と家族の存在がどんなに大きかったのか気付かされて、もっと会えばよかった遊べば良かったと思う日々です。笑
      またヘルシンキでぜひ会いましょう!(*^_^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA