吹雪と消えたバレンタインデー第2話

前回のストーリーはこちら

吹雪と消えたバレンタインデー第1話

 

バレンタインを祝いたいと言ったアレ氏が、友達と遊びに行ったのでちょっと怒ったわたし

ƒ}ƒ“ƒK40

やる気がなくなるととことんカラマワリ……。ちなみに私が作ろうとしたのは、アイスボックスクッキー…。ボックス模様なんかこれっぽっちもでなかったよ。。。

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
バレンタインデーどうしよう

この記事をシェアする

6 件のコメント

  • おはようございます。
    (^^)
    なんか、とても微笑ましいです。
    クッキー…全部ひとりでたべちゃったんですか?(^^;;
    あと5分←これ。なんかわかります(^^)v
    あれ先生二日酔い大丈夫でしたか^^;

    • こんにちは!ほほえましいですか!!!(*^_^*)
      2人分食べてしまうなんて、、、わたしときたらって感じです。。。
      また明日に続くのでお楽しみに!

  • なんかこの気持ち分かります〜
    もういい!1人の時間を楽しんでやるー!って思っていろいろやってみるんだけど、こういうときは何をやってもうまくいかないんですよね…
    でもプライドがあるから、あくまで「あなたがいなくても十分充実した一日をおくれましたけど何か?」っていう態度でいたいというか(・_・;

    もう!あれちゃん早く帰ってこーい 笑

    • そうなんです。。。上手くいかなくて…泣
      あれちゃんのせいにしよーっと!!(*^_^*)笑
      そしてそうそう!なんかそうやってふるまいたくもなっちゃうんですよね!!わかります~!!!

  • それは当たり前怒るよね・・・あれちゃんひどいな><
    フィンはバレンタインは友達の日だけどちょっと相手の気持ちを考えたほうがいいよね><

    • あれちゃん、「僕は何かを祝う時相手の気持ちを考えることが得意じゃないから、全部言って!!!」って言ってる笑
      得意じゃないってなんやねーーーん!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA