ヴィンテージチェアをリユース!中古の椅子をとびきり可愛くする方法!

中古で見つけた椅子をリユースしました!安くてかわいいが一番いいね!

古い椅子、ペンキの剥がれた棚、傷だらけの机、欠けた椅子など等…

中古の家具屋さん(Kirpptori)には、そのままでは使おうとは思わないけど、塗ったら可愛く生まれ変わるんだろうな~と思わせる家具があちらこちらに安価な値段で転がっています!

新品の椅子や机を使うことも良いものですが、お金にそんな余裕のない私達は値段が高くて買えなかったり、ほしいと思っている色になかなか出会えなかったりと、結局家具を探しててもお店めぐりで終わっちゃうことが多いです。

そこで今回、2人で前々からちょっとユニークなダイニングを作ろう!ということを目標にしてたこともあり、古いヴィンテージチェアを安い値段で見つけて、好きな色に塗ってお家でプチDIYをすることにしました。

Sponsered Link

ダイニングチェアを安く可愛くする北欧リユースプロジェクトスタート!

ちょっと壊れかけの椅子でも塗装がはげはげの物でもいいから、かわいい形をした椅子を見つよう!ということで、暇があればKirpptori(セカンドハンドショップ)に立ち寄っていろんな椅子を探し続けた私達。

そして見つけたのがこの4つの椅子です!

diy

黒い椅子はなんとお値段1500円。白と赤の椅子はどちらも2500円前後で4つともかなり安く手に入れることができました!

あおい
椅子の背の部分が少しだけ欠けていたり、傷も多いけど…私達が可愛くリユースしてやるぞ!

椅子のリユース計画に使った道具はこちら

diy3

1.ペンキ4色

2.家具や木製品用の洗剤

3.サンドペーパー

4.コテ

5.下塗り塗料

6.スポンジ

7.刷毛

1つのサンプルとして投稿しました!日本でもホームセンターで似たようなものが売っていますね!

Sponsered Link

リユースプロジェクトその① 椅子についた汚れを拭き取る作業

椅子には大胆にも接着剤のような跡がついていたり、汚れのかたまりが脚や背にこびりついていたので、まずはコテを使ってがりがりと取り除きました

diy5
あおい
隅々まで汚れや変な凹凸がないか見たよ!ペンキを塗る時スムーズにするために念入りにチェック

リユースプロジェクトその② 椅子を軽く洗浄します

目ではよく見えないけど椅子の背やよく触る部分には微かに汚れが…。木製専用の洗剤を使って、1つ1つの椅子をきれいにスポンジで洗っていきました。びっくりしたけどいろんなところに手垢や汚れがあるもんですね!

%e5%86%99%e7%9c%9f-9

リユースプロジェクトその③ 椅子をやすりで磨きます

もともと塗ってあったペンキの上にペンキをのせるので、やすりがけをし直さないといけません。4つの椅子の全面に丁寧にやすりをかけていきましたー

diy2

完全に黒や赤の色は落とせないけどしっかりかけておいたので大丈夫!

あおい
ここまでやっておおよそ2時間くらい…(もっとかかると思ってたー)

Sponsered Link

リユースプロジェクトその④ 下塗りをします

もともと椅子にはもうすでに塗装がついているので、上塗りのときにしっかりペイントできるように下地を先に塗っていきました。

chair-diy

こうすることで上塗りのときかなり塗りやすく、接着性もあがるんだとか!

あおい
この後は6時間ほど待って乾かしました~!

リユースプロジェクトその⑤ 完全に乾いたら中塗り!

フィンランドのペンキにはかわいいカラーがたーくさん!私たちはこの4色を選びましたよ!キッチンが明るくなりそうな予感…

diy4

完全に下塗りが乾いたので、まずは1回目を塗っていき、16時間の乾燥後2回目の上塗りへ!

リユースプロジェクトその⑤ 一番大切な仕上げの上塗り!

 

giphy-2

そんなこんなですべて塗り終わり……

あおい
屋根裏で1日乾燥して明日を待つのみ!

そしてついにリユースチェアが完成~!!

diy6

さあ、みんなでツッコミをどうぞ

「なんで掛け軸!」

椅子よりもそっちが目に入った人きっと80%…(笑)これはあれちゃんのコレクションです。

とにもかくにも!なんだか可愛いユニークなダイニングになっちゃいましたー!今まで使っていた椅子は中古で販売することにして、今日からこのカラフルなヴィンテージチェアが仲間入りです!

あおい
やすりから下地塗り…色塗りと大変だったけど、とっても思い出の残る椅子になりましたよ~!

傷もあれば欠けているところも多い椅子ですが、好きな色に大変身したのでとっても愛着が湧きます。ところどころ欠けていたり汚れていても、こうして私達が使っていくことですこしでもエコにつながれば嬉しさも倍増!!!

ちなみにリユースの費用は?

ダイニングチェアのリユースに掛かった費用(おおよその日本円で表示)

椅子4脚 合計8000円

ペンキ4カラー×1600円 6400円

下地 2300円

洗浄剤 1000円

コテ、刷毛その他道具 2000円前後

合計なんとおおよそ 19700円

あれあれ?トータルで考えたらちょっとするか…(笑)

でも私たちはペンキの色にこだわってちょっと高いものを4色も買っちゃったので、そこが今回のDIYで高くなってしまったところ。だからペンキはまだまだ大量に余っていまして、今後この費用はまた次のリユース計画へと引き継ぐため価格的にはもっと安くできたことになりますね!

これからも時々Kirpptoriを訪れては古い家具や掘り出し物を発掘し、私達で再利用していきたいと思います~!

ちなみに…

DIYに興味のある人は、今年の夏に発売されたこの本が良いお手本になるかも!

リビングのドアやキッチンの戸棚まで塗ったりアレンジしてDIYを紹介しているすてきな1冊です。

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
北欧ヴィンテージチェア

この記事をシェアする

4 件のコメント

  • 初めまして。
    スポットライトの記事からここに来まして、そのまま全部の記事を読んじゃいました!

    大学時代に教育学部でフィンランドの学習について学び、興味を持ってから、フィンランドやスウェーデンの本などを読み、北欧に憧れを持っていました。
    一度でいいから行ってみたい…という想いを持ちながら30目前、まったく行く気配のないまま二児の母をしています。
    ブログを読んで、憧れの世界でイキイキ暮らしてる方がいる!と思ってワクワクしました。
    ホームシックの記事では、私みたいに実家から自宅まで車で4時間なんて全然だな…だって帰れるもん…と励まされました。まだこんなの甘ちゃんです。

    これからも更新を楽しみにしています!
    お二人の幸せな暮らしが、これからも続きますように!

    • はじめまして。
      初コメントありがとうございます!スポットライトから来てくださったんですね〜( ^ω^ )
      全記事読んでくださったとは!笑
      どうもありがとうございます(^O^)

      今は可愛いお子さんがお二人いらっしゃるんですね(^O^)
      いつかお子さんと一緒にフィンランドとスウェーデンを旅行できたらいいですね!
      そのとき役に立つ旅行情報などたくさんブログで紹介できるように頑張ります( ^ω^ )エールいただけて感謝ですっ!ぜひぜひこれからもブログやSNSをよろしくお願いします。

      P.S 私はと言うと、日本と逆遠距離で毎日ちょっぴりさみしいです。いつか帰れることを夢見てお金コツコツ貯めてます。

  • 掛け軸!
    あ、でも違和感あんまりないですね(笑)
    椅子の形も色も様々で、ワクワクするようなダイニングですね✨
    キッチンのタイルも可愛くて目がいきました☘
    新しい物もいいですけど、
    自分で作ったりリペアしたものへの
    愛着にはかないませんね

    • 違和感ないですか!?よかったです笑(*^_^*)ワクワクダイニングって言ってもらえて嬉しいです〜!やっとライトも手に入り、椅子もかわって新しくなって、、気持ちがいいです!笑
      そうですね!リペアすると愛着がわきますっ!とくにわたしはピンクの椅子がお気に入りです!かなり汚かったのにここまで蘇りました(≧∇≦)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA