sopiva北欧ショップ運営中!!

ヘルシンキの交通機関徹底案内!安く簡単にお得な切符を買う方法【HSL電車/バス/地下鉄/トラム】

ヘルシンキでお得に電車・バス・地下鉄に乗るなら携帯(モバイル)アプリがおすすめ

ヘルシンキに来たら、トラム、電車、地下鉄、バス、ボートに乗って観光されるでしょう。そこで今日はフィンランド在住の私が、素早く&一番安くチケット(切符)が買えるスマホアプリを使ったお得な買い方と、現金で券売機からチケットを買う場合の購入方法を写真付きで紹介します!

あれちゃん

一人旅でも初めてのヘルシンキ旅行でもこれで安心!
最新!
携帯アプリでチケットを購入すると2.20€と格安でチケットが買えるようになりました。そこで私はアプリの使用をオススメします!

スマホHSLアプリを使った切符の買い方はこちら

現金またはカードで券売機から買う方法はこちら

どちらもスクリーンショットで説明付き。英語が苦手で不安な人も、ご旅行の際にこちらを見ていただければ簡単に購入できると思います。
・このブログでは基本的にヘルシンキエリア内と、バンター空港からヘルシンキのRegionalエリアもご紹介しています。他のエリアの詳しい切符の値段はこちらの公式サイトから一度ご覧ください。

Sponsored Link

HSLの切符は電車・トラム・地下鉄・バスどれでも使える

ヘルシンキの公共交通機関、VR列車(ヘルシンキ区間内)、トラム、地下鉄、バスは全てHSLというブルーのマーク(ヘルシンキ地域交通局)によってまとめられています。

つまり切符を1つ買えばヘルシンキ市内のどの交通機関にも乗れる

トラムはトラムの切符、地下鉄は地下鉄と分かれていないので、1枚の切符で時間と区間内のルールを守れば乗り放題なのです。

切符の買い方は1つ覚えてしまえばとっても簡単!

チケットの種類は色々あります。とりあえず滞在日数と、使う頻度で購入方法をご検討ください

  1. SINGLE TICKET  通常のシングルチケット。(80分使用可能)
  2. DAY TICKET   1日券で24時間使い放題(滞在日数設定可能)
  3. TRAVEL  CARDS トラベルカード 
一番オススメは?
断然デイチケット!1日9€(約1170円〜)でどの交通機関も乗り放題になります!

チケットの価格(旅行・観光客が使用する一部の価格のみ表示)

▲SINGLE TICKET シングル切符 80分使用 ※ヘルシンキエリア

  • HSLモバイルアプリ 2.20ユーロ
  • 通常の券売機 2.90ユーロ
  • バスの運転手から購入 3.20ユーロ
  • トラムの券売機(使用はトラムのみ)2.5ユーロ
    (ちなみにトラムは、運転手からの購入はできなくなりました。)

DAY TICKET 1日〜7日間設定可能の使い放題券 ※ヘルシンキエリア

1日から7日間に設定して選ぶことが可能。購入は基本青色の券売機か、モバイルアプリがオススメ。

  • 1日 9ユーロ
  • 2日 13.5ユーロ
  • 3日 18ユーロ
  • 4日 22.5ユーロ
  • 5日 27ユーロ
  • 6日 31.5ユーロ
  • 7日 36ユーロ

・数日間の滞在中に、自由に交通機関を使って旅をしたい方にはDAY TICKETがおすすめ!
・スオメンリンナ行きの船にも使えます

▲空港からデイチケット(1日券)を買う場合 ※Regional area(リージョナルエリア)

空港から電車に乗る前に5日間ほどデイチケットを買いたいのですが、市内でデイチケットを買うほうがいいですか?

というご質問をいただいたので、お答えします。空港からヘルシンキまでのエリアはRegionalエリアとなり、シングルチケットは5ユーロ(モバイルアプリで4.20€)です。

空港で5€のシングルチケットを払うなら、すでにデイチケットを買ってしまいたい人も多いと思います。その場合についてご説明します。

出典:https://www.hsl.fi/en/tickets-and-fares

Regional ticketのデイチケットは14€。ヘルシンキ市内のデイチケットは9ユーロ。差額はありますが、到着日にRegional areaでデイチケットを購入しても、ヘルシンキ市内で購入しても、実質ヘルシンキから空港まで5€+市内のデイチケット9€でどちらも値段は同じです。(モバイルアプリ使用時だけ安くなる)

しかし、3日分、4日分とデイチケットの日数を増やす場合は、空港でRegional ticketのデイチケット連日分購入すると少しだけ高くなってしまいます。

 Regional デイチケットHelsinkiのデイチケットと空港往復+10€差額
4日35€22.5€(+10€)で32.5€2.5€
5日42€27€(+10€)で37€5€

もちろんヴァンター、エスポー、などのエリアも観光する方はRegionalチケットの方がお得かもしれませんが基本ヘルシンキ市内のみであれば、空港でシングルチケットを買ってから、市内でデイチケットを買った方がお得になるでしょう。日程に合わせてご検討ください。

モバイルアプリHSLアプリ チケットの買い方【解説付】

1.HSL mobiililippuをAppでダウンロード

ダウンロードはこちらからHSLmobiililippu

アプリ HSL切符

2.ダウンロードした後は、言語で(in English)英語を選択、Terms of use(利用規約)を確認して許可をします。(許可ができない方は現金またはカードで券売機からご購入ください)

3.支払い方法を選び、続けます。 ※VISA MASTERCARDのみ使用可能

hsl 切符の買い方

The tickets you purchase are charged to your Visa or MasterCard(debit/credit)card
(チケットのお支払いはビザ・マスターカードから請求されます)

4.電話番号を登録し、所在地を選びます

YOUR PHONE NUMBERに自分の電話番号を入れます。日本の国際番号は+81、そこから先は電話番号の頭の0を取った電話番号を入れましょう。

The phone number allows us to check your ticket if, for example, your phone has run out of battery
(もしもあなたの携帯のバッテリーが切れた場合などに、携帯番号でチケットを確認することができます)

電話番号欄の下、SELECT YOUR HOME MUNICIPALITYを下までスクロール。

所在地の登録はI live abroad(私は海外に住んでいます)を選択し、continueを押して続けましょう。

5.カード情報を登録します

6.アプリの準備ができました

アプリ HSL切符

7.TRAVEL ZONEでヘルシンキを選択(※ヘルシンキで滞在する場合は!!ですよ)

アプリ HSL切符

シングルチケットを選択した場合は80分の金額がこうして表示されます。

ただ、購入はちょっとまった!!!!

あおい

ここまで準備ができたらそのままアプリをcontinueしないでキープ!!!

8.乗車するほんの少し前にcontinueで購入を選択しましょう。するとこのようなページが出てきます。

HSL切符 切符の買い方

出典:HSL mobiililippu アプリのスクリーンショットを使用

MEMO
VALID UNTILとは、何時まで使用できるかの期限
TIME REMAININGとは、あと何分利用できるかの表示です。

下のTicket inspectionを押すと、バーコードも表示されるようになっていますよ!!

あおい

これで購入されたヘルシンキの区間内、80分の間で乗り放題。チケットをなくすこともないし、時間表示もあってものすごく便利ですね!

アプリを使うメリット

  1. シングルチケットなら価格がお得!
  2. 残り時間を携帯ですぐにチェックできます
  3. アプリに保存される支払い履歴はメールに送信可能なので出張中で交通費を集める方は便利です!
MEMO
この記事は2018年3月現在のものです。アプリの表示、規約、選択の仕方などは一部変更されている場合もあります。この説明により購入がうまく行かなかった場合などの責任は取れません。

Sponsored Link

青色の券売機 チケットの買い方

1.こんな青色の券売機で切符の購入ができます

ヘルシンキ 切符

2.まずは、英語の設定にしてください

ヘルシンキ 切符 買い方

3.single ticketを押す(またはDay ticketならそのボタンを)

ヘルシンキ 切符 買い方

4.ヘルシンキを選んでcontinueを押す

ヘルシンキ 切符 買い方

5.プラスのマークを押して人数を選びます。

ヘルシンキ 切符 買い方

6.現金またはカードの支払いを選んで進む

ヘルシンキ 切符 買い方

7.コイン、またはカードを挿入して支払います。

ヘルシンキ 切符 買い方

MEMO
切符の購入方法はとっても簡単です!DAY TICKETを購入される方も、ほぼ同じ選択の仕方。日数だけ選ぶ画面があるのでお間違えのないようにお気をつけくださいね

いかがでしたでしょうか?今日は切符の買い方・アプリの使い方を詳しくブログで紹介いたしました!少々不安だった方のご旅行の手助けになっていれば幸いです〜!!

あれちゃん

ぜひヘルシンキの滞在をお楽しみくださいね!

フィンランド旅行に関するブログはこちらから

こちらの記事もご旅行情報にとっても人気ですよ!

【永久保存版】ヘルシンキに行く前に知るべき50のアドバイス!観光・旅行・スポットまとめ

【随時更新】知らなきゃ損!フィンランドのスーパーで見つける安くて可愛いお土産20選

 

10 Comments

れいな

はじめまして(*´꒳`*)
突然のコメントすみません!
フィンランドひとり旅を計画中なのですが、行きたい行きたい行きたいーっという気持ちと不安が交互にやってきて毎日ざわざわしています…
そんな時にあおいさんのブログと出会い、夢中で読み漁りました!
悩んでる私の背中をめっちゃ押してくれてます(●´ω`●)
それでも不安が消えずに一歩踏み出せずにいるのですが、このようにチケットの買い方など、細かいけど本当に知りたいことを載せていただけるととても助かります♪
悩みながらも絶対行くつもりなので、これからもあおいさんのブログにお世話になります!
長々とすみませんでした(>人<;)

返信する
あおい

そう言っていただけてとっても嬉しいです!ありがとうございます( ◠‿◠ )
ぜひフィンランド旅行を楽しんでくださいね!
もしかして白夜を体験されるのでしょうか?お天気がよくなりますように!!

これからもどんどん更新して行くので、これからもぜひよろしくお願いいたします!!

返信する
あかね

あおいさん、こんにちは!先日はトゥルクへの回答をありがとうございました!今日はヘルシンキの乗り物パスについておききしたいです。
滞在期間中、トゥルク&ナンターリ&タンペレ&ロシアなどまわる予定なので、デイチケットではなくトラベルカード14DAYSを購入したいと考えています。トラベルカードは空港で購入可能でしょうか?
また5ユーロのディポジットがかかるそうですが、それは最終、空港などでチャージ料金とともに払い戻しが可能なのでしょうか?

返信する
あおい

トラベルカードの販売店の情報がリンクから見られるのですが、
確認したところ、空港にもあるようでした。リンク先の左のサイドバーに、Areaという青いサーチボックスがあるのですが、
そこで、Helsinki Airportと設定すると様々なリストが表示されています。ぜひご覧ください( ◠‿◠ )
払い戻しについては情報が見つからなかったので、恐れ入りますが、購入する際に聞いてみてください。

返信する
ありちゃん

あおいさんはじめまして。
7月に母とヘルシンキに行こうと計画していて、質問です。
ヘルシンキカードとトラベルカードだと
どちらがお得ですか?
また空港内でしか買えないのでしょうか?

返信する
あおい

ヘルシンキカードには観光地への入場などの特典がついていますので、金額だけで比べるのは大変難しいです。
お母様と一緒に行かれる観光地をまずは、リストアップしてみてから、
ヘルシンキカードで入場無料になる分の差額を含めて価格を比べて見てください!

返信する
saya

あおいさん、はじめまして。
7月にフィンランドに旅行予定で、あおいさんのブログでたくさん勉強させてもらっています!
切符の買い方もここで学んだのですが、マリメッコ本社に行くのは、チケットはヘルシンキエリアのデイチケットで大丈夫でしょうか?Regionalエリアのチケットでしょうか?
ヘルシンキエリアの境目が分からず…教えてください。

返信する
ミミコ

あおいさん
はじめまして、こんにちは。
8月に1人でフィンランドに行く予定をしています。
初の一人旅で不安もあり、いろいろ調べていると、あおいさんのブログに辿り着きました( ¨̮ )
ブログを見て勉強させてもらってます!!

教えて頂きたい事があります。
イッタラ&アラビア・デザインセンターまでトラムで行きたいと思っています。
ワンデイチケット購入して行く予定ですがエリアはRegionalになりますか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

返信する
あおい

初めまして。お問い合わせ、どうもありがとうございます。
イッタラ&アラビア・デザインセンターまでのトラムはregionalではなく、ヘルシンキエリアとなりますので大丈夫です!
HSLのサイトでお調べしたところ、ヘルシンキの表示が出ておりました。
私もこのエリアは境界線がなかなかわからないので、HSLのウェブサイトで行き先を書き入れて判断しています。
もしよければぜひ公式サイトも使って見てください( ◠‿◠ )

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください