sopiva北欧ショップ運営中!!

恐怖体験!家に裸の不審者が来たはなし【第2話】

恐怖体験!家に裸の不審者が来たはなし【第2話】

昨日の続き!

現在、家に不審者が入って来たお話を連載していますが、これは私が高校生の時のお話で、日本で起きた事件です。

フィンランドで先日、少しだけ怖い体験をしてから、昔のトラウマが蘇ったので私の昔の恐怖体験を紹介することにしました。

Sponsored Link

第一話では、母が買い物に出かけた数分後に裸の男が庭に入って来るまでを書いています。

変質者

前回のストーリーはこちらです。

恐怖体験!家に裸の不審者が来たはなし【第1話】

あの時は本当に怖くて怖くて…今でもあの恐怖は忘れません。

玄関に鍵を開けに行った時、もしもガラス戸から覗いてお母さんなのかどうか確かめていなかったら、鍵を開けてたと思います。

毎回しっかり誰が来たのかインターホンのカメラでチェックを欠かさない自分でさえ、気が抜けたらこうなるところでした。

幸い、反対側を向いていた裸の男は私に一切気づかなかったし、即座に部屋に戻ってカメラで監視できたのでよかったですが、今住んでる家はインターホンがないのでこういうことを思い出すと、ああインターホン欲しいなと思っていしまいます。

さて、2話に続きます。

妹に知らせる 【第2話】

実は家にいたのは1人ではなかったんです。中学生の妹と一緒に留守番中でした。

妹はまだ中学生…こんな年齢で家の庭にいる変質者を見たら誰だって恐怖で泣きますよね…

ずーっとぼーっとじーっと立っている奇妙な男…

庭の真ん中で何もせず立ったままなので少しは安心できますが、そんな状況も気持ち悪い。

一体何をするのか何をされるのか怖くてしかたなかったです…

しかし落ち着いて監視できる間にできることは一つ。

警察に電話することでした…

恐怖体験!家に裸の不審者が来たはなし【第3話】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください