北欧雑貨ショップ運営中!

終始ドキドキが止まらない!緊張感で心臓バクバク!驚愕のサスペンス&人間ホラー洋画17選

今日はサスペンス・ホラー映画な気分?おすすめ洋画18選を紹介します

洋画、邦画のサスペンス映画、ホラー映画、人間ホラー系映画好きのわたしが、今日はいつも友達、家族におすすめするハラハラドキドキ、恐怖に包まれる面白い名作映画をご紹介します。

と、言っても幽霊系のホラーは省いています(ごめんね!)

わたしはホラー・サスペンス映画は好きですが、結末がお化けでした〜!よりも人間とか狂った犯人とか、頭のおかしい隣人とか…そういう現実世界に起きそうな怖い話をよく観ているからです!

このブログでは、お化けとか幽霊系を避けつつ、ホラー・サスペンス系の洋画を観たい人におすすめできる映画のみご紹介しています。

サスペンス映画のベスト作品!ホラー映画ランキング!

…とは、紹介しません。映画の内容に合わせていろんなカテゴリに分けてご紹介するので、今観たい・または気になる映画をカテゴリから参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

誘拐、殺人、子供が行方不明…海外で実際にありそうな怖いサスペンス映画

マイボディガード

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

ホイットニーヒューストンの名作「ザ・ボディーガード」ではなく、「マイ ボディガード」です。主人公がボディガードを勤めている家族には可愛い9歳の少女がおり、時を重ねてその女の子と次第に仲良くなるのですが、彼女が突然拐われてしまいます。その誘拐事件の仰天の真相と、ボディーガードと少女の愛ある繋がりがよく描かれた面白いサスペンス映画。私はこの映画を人生で3回くらい観て泣いた記憶が…

コール

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

幸せな3人家族の家に、突然やってきた誘拐犯の男。良くある誘拐ストーリーでは誘拐犯と、誘拐された娘の家族が最初からご対面することってないのでこの映画はそこんところが面白い。誘拐された娘を返してもらうために母親、父親はいろんな手段で犯人と戦いますが…、犯人には誘拐を繰り返しているある理由があった…

コールの予告編はこちら

ホステージ

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

完璧なセキュリティーシステムが搭載された豪邸に、悪い奴らが数名立てこもり、子供二人の命が危なくなる事件。警察の主役はブルース・ウィルスで、彼の名演技にも注目。ちなみに問題はこの豪邸だけではなく、主役の警察も訳があっって家族が人質にされるというダブルサスペンスなので見所は満載。

ホステージの予告編はこちら

関連ブログ ちなみにこちらではおすすめ恋愛映画18選をご紹介

ルーム

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

17歳の時誘拐された女性が、監禁された場所で誘拐犯の子供を産み、そのまま小さな部屋で子供と暮らしているという恐ろしいストーリー。子供が5歳になったので、7年監禁された部屋から逃げ出すための計画をたてて…

実は凶悪犯罪にフォーカスされているだけでなく、少々ヒューマンドラマ系も含みます。7年前の誘拐から、この日に至るまでの悲惨な生活が、全てのシーンから細かく感じられ、もし自分の身に起きたら…と考えると何も言葉にできず…心底怖かったです…。

(日本版の予告を見るとどこかネタバレ要素を含むので予告見ずに、映画をそのまま見ることを私はオススメします!)

気持ちの悪い殺人鬼…女の子を狙う恐ろしい犯人の起こす凶悪な事件

ザ・コール [緊急通報指令室]

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

アメリカの911でオペレーターとして働く女性と、ある理由から次々に若い女性を狙って誘拐している凶悪な誘拐犯との物語。誘拐された女の子からの911への通報を頼りに、どうにか助けようと電話でアドバイスをしたり、通信から身元を割り当てたり、音、声、様子を元に必死に犯人を特定しようとする主人公がかっこいい。映画のテンポも良く、犯人を追う警察と、殺されそうになりながらも立ち向かうティーンの女の子にドキドキです。

ザ・コールを観る【U-NEXT】
(2020年10月31日 23:59まで配信)

96時間

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

「可愛い子には旅をさせよ」ができない親は見るべきではない恐ろしい映画。というのも、17歳の娘とその友人が海外旅行中に誘拐されてしまうという、なんだか現実に起きそうな怖い話だから。拐われたティーンガールは悪者たちに薬漬けにされ連れまわされますが、父親は娘を探しに旅行先の国へ飛び、いろんな情報から犯人を追うという…とんでもないハラハラ映画。「海外旅行は危ない」という恐怖や警戒心の強い人は観ない方がいいかもしれないです。シリーズなので続けて観ると面白いよ!

・96時間の予告編はこちらから

96時間を観る【U-NEXT】 
(2020年11月8日 23:59まで配信)

ラブリーボーン

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

「これは私が天国に行ってからのお話」というキャッチコピーにあるように、主役は誘拐され殺害された女の子なのですが、もうこの世にはおらず、娘の誘拐で苦しむ家族と誘拐事件を探るストーリーです。謎が多いこの事件を、死んでしまって行き着いた天国から見守るお話。ちょっとファンタジックなシーンも多いですが、同じく緊張する面白いサスペンスもの。誘拐の恐ろしさに震えます…

ラブリーボーンを観る【U-NEXT】
(2021年9月19日 23:59まで配信)

元妻・元旦那と繰り広げられるサスペンスホラー・元恋人から恐怖に導かれる?

ノクターナル・アニマルズ

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

ディズニー映画「魔法にかけられて」で有名のエイミー・アダムス主演。夫が不倫中で生活がうまくいっていない主人公スーザンのもとに、19年前に別れた元夫から突然分厚い小説が届く。映画の中で原稿を読み進めていくスーザンの世界と、小説の中の世界が映し出されるという珍しい構成で、とっても斬新で新しい…。

最初は謎にあふれた小説が、どんどん恐ろしすぎる展開になり、途中映画を止めようと思うくらい恐怖に包まれました。なぜ元夫は小説を送りつけてきたのかー。内容が深いため、映画の後に解説(この記事を読んだよ)を読むと、さらに震え上がっちゃった…、最近観た中で一番面白かった!
・ノクターナル・アニマルズの予告編はこちら

透明人間

・日本では現在上映中!

映画タイトルそのまま透明人間の話。天才科学者の夫と大豪邸に住んでいた主人公が、とある理由で夜中に夫から逃げ出すところから映画が始まる。音やカメラワークが臨場感の溢れる演出で、最初のシーンからワケもわからず冷や汗が出る。公式サイトのあらすじにも書いてあるので書きますが、妻が逃げた後夫はすぐに自殺。莫大な遺産を残してこの世から消えてしまった。しかしそれは本当か。夫の素性を知っている妻は自殺を疑いつつも、新しい気持ちで新生活をスタート…しかし自分の周りや家の中では多数の異変が重なる…!

インビテーション

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

こちらは主人公が男性で、元妻からインビテーション、つまり招待状が届くところから映画が始まる。2年前に離婚した妻がなぜ、自分を夕食に誘うのか…不思議に思いながら自分の彼女を連れて訪ねると、そこには懐かしい友達がいる。しかし空気がなんだかおかしい…この違和感はなんなのか…この夕食の意味に迫っていく、恐怖のサイコスリラー…。

ハラハラドキドキ、でも切なく悲しい物語。心にじんわり来るサスペンス映画

LEON

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

私が一番大好きな映画はこのレオン。この映画を観てからサスペンス映画というものにハマったと言っても過言じゃありません。女の子にはちょっと残念な家族がいますが、ある日突然家族が皆殺しにされ、隣人だった殺し屋に助けを求めるお話。名作なのでほとんどの人がご存知かと思いますが、この映画は何回観ても飽きませんね…。サスペンスなのに、愛も感じられる映画なのできっと忘れられない映画になるはず。あと、見逃せないのは幼い頃のナタリーポートマンの美貌…

LEONを観る【U-NEXT】
(2020年11月30日 23:59まで配信)

母親強し。子供を守るために立ち向かう、犯人から逃げたり戦ったりとドキドキ映画

パニックルーム

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

離婚した母親と娘が新しい家に住み始めて新生活を送ろうと思ってい矢先、そこに数名の男性がある理由から、その家にあるパニックルーム(隠し部屋)を求めて侵入してくるという、恐ろしい立てこもり事件。ちなみに、娘と母親は犯人グループが一番求めていたパニックルームに逃げ込んでしまい、それがまた犯人たちとの戦いになってしまう話。

パニックルームを観る【U-NEXT】

(2020年12月31日 23:59まで配信)

スポンサーリンク

フライトプラン

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

飛行機の中で娘が行方不明になるというストーリー。一見すぐ見つかってしまいそうだが、搭乗者はそんな女の子はいないとか、幻覚だとかバカにされ、娘の存在すらも否定される。それでも母親は飛行機中必死で娘を探し回るが見当たらない…行方不明なのに誰も相手にしてくれないという不安の中駆け回る母親と、事件の真相が面白い。

凶悪犯人!怖すぎてやばい、間違いなく驚愕するミステリーorサスペンス系

フェイスオフ

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

事件を担当している主人公の警察が凶悪テロリストと顔面を交換するという話だから、タイトルはフェイスオフ。事件を探るべく、犯人のテロリストを眠らせ、誰にも内緒でテロリストの顔と自分の顔を交換したが、目覚めたテロリストの最悪な企みにより、その顔をチェンジする選択は、超不利な展開に至ってしまうというとんでもない話。手に汗握るサスペンス、アクション。

羊たちの沈黙シリーズ

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

サスペンス好きなら誰もが知っている羊たちの沈黙。これに続けてハンニバル、レッドドラゴン、ハンニバルライジングと3部作ありますが、私はどれもちゃんと観ましたよ〜。羊たちの沈黙のストーリーはさすがにめちゃくちゃ有名なので割愛しますが、一度は見るべき90年もの映画だと思います。

羊たちの沈黙を観る【U-NEXT】
(2021年5月31日 23:59まで配信)

驚くべき結末!震える人間ホラー系映画

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

母親が突然殺され病んでしまった娘と父に起きる奇妙な物語。引っ越した新しい家で、母親の死を機に心を閉ざしてしまった娘が見えない友達、チャーリーを語り、その存在に翻弄されるホラーサスペンス。幽霊なのか、現実なのか、チャーリーとは一体誰なのか…。迫りくる恐怖と、ゾクゾク感が楽しめる映画です。

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ【U-NEXT】
(2020年12月6日 23:59まで配信)

ストーカー犯罪、監禁、監視…恐ろしい人間のサスペンスホラー

ストーカー

Amazon prime video リンク

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

写真現像屋さんで働く孤独な男性が、常連客の一家の写真に身を寄せ、幸せを感じていましたが、そんな気持ちがあるハプニングをきっかけにこじれてしまい、残念なストーカーになってしまうという話。出演のロビン・ウィリアムズがストーカー役ということもあり、演技の面白さも楽しめる映画ですが、もちろんストーカー事件は怖いので、深く考えれば恐ろしいストーリーでした。

あなたの今日の気分に合わせたサスペンス洋画映画チョイス!

フィンランドのホラー映画はこちら

ボドム

1960年に起きた実際の未解決事件Lake bodom murdersの実話から影響を受けて作られたフィンランドホラー。この事件はヘルシンキの近くエスポー付近にあるボドム湖で起きた殺人事件だそう。湖畔でキャンプ中だった男女含める4人が何者かに襲われて3人が死亡、1人が重傷を負った事件だそうで、その話から影響されて作られた映画。

私はまだ観たことがないので、いつかチェックしたい北欧映画です。

スポンサーリンク

わたしが人生で一番苦手なホラー映画

ファニーゲーム

(出典 : https://www.amazon.co.jp)

ネット中でも他の方の意見を見ると「最悪」「後味悪すぎ」「2度と観たくない」の声が上がっている様子…。本当に同感です。笑
もし、そんな映画が気になる人は…ぜひ試してください。後悔するかもしれませんが…

今日はサスペンス、人間ホラーのおすすめ映画を紹介しました。日曜日の夜、今週仕事帰りにでもおヒマな時間があれば是非!

映画関連ブログ

関連記事 恋愛映画が嫌い?そんな女子に騙されたと思って見てほしいハズレなしのおすすめ洋画20選
恋愛映画が嫌い?そんな女子に騙されたと思って見てほしいハズレなしのおすすめ洋画20選

関連記事 ホラー大好きな私も最近はなんだか辛い…
ホラー映画歳を重ねて変わった?恐怖のレベル

関連記事映画が始まる前に携帯を出す?!…フィンランドのちょっと面白い映画館
映画が始まる前に携帯を出す?!…フィンランドのちょっと面白い映画館

関連記事映画館での意外な出来事
映画館での意外な出来事

ぜひフィンランドの映画館エピソードもご覧ください〜!

2 COMMENTS

みなみ

インスタより飛んできて、ブログ拝見致しました。品のある言葉遣い、まとまった文章、かわいいイラストでとても読みやすい素敵なブログだと思いました。
わたしも国際結婚で現在カナダ在住なので共感することも多々あり、またフィンランドにも旅行に行ったので懐かしい気持ちも蘇りました。

一番嫌いな映画としてファニーゲームを挙げていらして、その気持ちもとてもわかるのですが、わたしはあの映画が結構気に入りました。
理由もなく暴力され脅迫され、なんの仕返しもできずに最後は全員死亡…犯人は笑顔で犯行を繰り返していく…
恐ろしい程に理不尽で全く救いがありません。しかし、あの映画のテーマは「暴力とはどこまでも理不尽なものである」というメッセージを伝えることだったと思います。
他の映画のように、最後には犯人が捕まりハッピーエンドとならないところが、現実はそんなに甘くないよというメッセージだと思うんです。
それまで映画を「娯楽」と捉えていたのに対し、あの作品は「誰かの主張」として考えさせられたのがわたしには衝撃的で、忘れられない作品になっています。
もちろん、何度も繰り返し見たい作品ではありませんが(笑)

長々と書いてしまいすみませんでした。これからもブログ応援しています(^^)

返信する
あおい

素敵なコメントをありがとうございます!!
読みやすいブログと言っていただけて大変嬉しいです( ◠‿◠ )

フィンランド旅行に来られたのですね!いかがでしたか?
私はカナダにまだ行ったことがないですが、興味あります〜!!大自然とか観てみたいです!!

みなみさんのコメントを見させていただくまで、
あの映画にそんなメッセージがあったとは知りませんでした。
教えていただきありがとうございます。
確かに、本当の事件はもっと残酷でハッピーエンドなんかないし…
本当はこの映画の結末が事実と近いですよね…
他の映画のように救われてハッピーエンドは少ないわけですし、仰る通り
メッセージがある映画だと知って見方が変わりました。それにしてもいろんな意味で
怖かったので、私も強烈な記憶が残っています…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください