エコ先進国!リサイクルをするとお金が返ってくる仕組み?

エコ先進国の画期的なリサイクル

どこを歩いていても空き缶やペットボトルのポイ捨てを見かけないフィンランド。それは「エコ・リサイクル」への意識が高い国であり、当たり前のようにある画期的な仕組みが街のいたるところで大活躍しているからなんです。

ペットボトルも空き缶もお金になって戻ってくる回収機

フィンランドの街で、日本のように便利な自動販売機をたくさん見かけることはありませんが、ほとんどのスーパーにはお金の返ってくる「逆自動販売機」があります。

2

実はこれ、空き缶、空きビン、ペットボトル等の回収機で、飲み終わった空のペットボトル(または缶や瓶)をここに入れると、そのボトルに値する数十円ほどのお金が返ってくるという機械なんです。

その証拠に缶やペットボトルにはリサイクルマークの上に加えて、返金される金額まで表記されていますよ。

3

この空き缶は0.33Lで、0.15€(約20円程)のお金が返ってくるのですが、もちろんサイズやボトルの種類によって金額は変わり、0.5Lの空きビンだと0.10€、1.5Lのペットボトルであれば0.40€もこの回収機から返金されるんです!

しかし実を言うと、この数十円はあらかじめ購入代金に含まれるている金額。買って飲んだ後はリサイクルをしないと、お金も資源ももったいないことが、この缶のマークに隠されています。だからどんな人でも必ずと言っていいほど、回収機に持って行ってリサイクルをしているんですね!

リサイクルへの貢献で経済的に嬉しいちょっとしたお小遣い

購入代金に含まれていたとしても、リサイクルしたらお金が返ってくるという効率の良いリサイクルシステムが、街中のどこでも、そして暮らしの中で確立されているのは本当に素晴らしいこと。

ちなみにお家でビンはビンの袋に分けて、缶は缶の袋へ…と、めんどくさい仕分けをする必要もないんですよ!

ビンや缶の識別は、回収機にある穴の中にボトルを入れると、バーコードを読み取るベルトコンベアーがボトルを一回転させてバーコードを一瞬でピッと読み取ってくれます。同じ機械で簡単に何でも回収してくれるので、お家ではボトル類をひとつにまとめていればOK。

ボトルを全て入れた後、回収機についたボタン(または画面のボタン)を押して、レシートを出すと、そこにリサイクルした分の金額が表示されている仕組みになっています。

そしてそのレシートをスーパーのレジに持っていけば、購入した金額から値引きしてくれるし、または現金として換金してもらえることも可能なんですよ!

私も月に数回、スーパーの袋いっぱいに缶やペットボトルが溜まるので、スーパーへ行く時に一気に持って行きます。お会計の時、値引き3€(約450円)になったり、たまにたくさん溜まって5€(約680円)もの値引きをしてもらえた時は、とっても得した気分になります。

実際に、缶をリサイクルしてみよう

缶を入れて動画を撮影してみたよ!

そして回収機からゲットしたのが…てってれーーーーーー!!!!

4

スーパーの袋2つ分集めて5.50ユーロ(約748円)おほほほっほ!

Vƒwƒbƒ_[

ぜひ、フィンランドに旅行へ来られた方はボトルで飲み物を買われた時、ゴミ箱へ捨てず、この回収機を試してみてください!

リサイクルしてゲットした割引券を使おうと…

ƒ}ƒ“ƒK40

まあ…忘れても、次回使えるんだけどね!せっかく美味しいものをちょっと奮発して買ったのにそれを値引きして買った!という気持ちが持てないのがちょっと残念でした!笑

ブログランキング参加中!もしよければクリックお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
エコ先進国

この記事をシェアする

10 件のコメント

  • 昨年一人旅したときに、挑戦しにいったのですが、前のお兄さんのやってる姿を見てもよくわからず断念してしまいました!
    お兄さんが紙みたいなやつを持っていなくなったから会員制か!?とかヤキモキしながら後にしました。
    この記事のおかげで仕組みが分かったので次は出来そうな気がします(^^)!

    • ぜひぜひ次は試してもらいたいです!
      あの、缶を入れていく時に「今日は何円だ~!」ってわくわくしながら入れるのが楽しいです!笑

    • そうですよね!一部の地域ではあるみたいですが、
      ここまで身近にどこのスーパーでも導入されるまでになってほしいですね!
      大阪や東京の大都会だったらものすごい量のリサイクルになりそう!

  • あらかじめ購入代金に含まれているんですね!
    近所のスーパーにポイントが貯まる似たような機械がありますが、会員登録もいるので一部の人にしか使われていないのですが、これならみんなリサイクルしますね!

    • 本当ですね!これだけシンプルに、当たり前のように誰もができるエコをもっと導入してもらいたいですね!
      それにボトルだけでなく、牛乳パックやトレーまでこういう逆自販機の制度を作ればもっとエコ活になると思います!
      いつか日本にも…(●^o^●)

  • スーパーで換金できるって事を以前に旅した時知ったので、今回は試してみようと旅行中に2人で飲んだペットボトル7〜8本を捨てずに、袋に入れてガランガラン音を立てて持ち歩いていました。

    スーパーにそれらしい機械があったので挑戦しましたが、注意書きがフィンランド語かな?全く読めず、そもそもリサイクルの機械かも怪しく、もしやり方が違っててエライこっちゃ〜って事になると ややこしいので、断念。

    結局ホテルでゴミとして捨ててしまいました(苦笑)

    あ〜!バーコードが必要なんですね。日本で捨てる時みたいに、ビニールのラベルを剥いじゃってました(笑)もし機械に放り込んでたら、どうなってたんだろうって思うと更に冷や汗(^^;;

    英語力さえあれば現地の方に聞く場面なのでしょうが、英会話力が入門編レベルの私には高過ぎるハードルで、あっさり断念。

    訪れる度に現地ならではの習慣を体験できるのも旅の魅力ですね。
    次回こそリベンジしたいです!

    これからもフィンランドから発信されるブログやインスタを楽しみにしているので、頑張ってくださいね!

    • そうだったんですか!ぜひぜひ今度は試してみてください!
      ちなみに…私も留学中はこの回収機の存在すら知らず、空き缶は家で潰して、ペットボトルはゴミ箱に捨てていました(笑)
      後でシェアメイトの「え!なんで潰したの~!!!」という発言で知ったんですが、そのあとやっと持っていくようになったら
      バーコードがなくて回収機に警告マークを出された経験もありますよ(*^_^*)
      結局そのままリサイクルとして回収してくれましたがもちろんバーコードなしでお金がもらえず、、、、、
      そんな経験を思い出しました!笑。

      ブログ、インスタ、楽しみにしていただきどうもありがとうございます!(●^o^●)

  • 初めまして。インスタからこちらblogを知り、いま過去記事からさかのぼって読みあさっています(*^^*)笑
    知らなかった〜〜去年フィンランド旅行したときに、この機械は何だろう?と気になっていたんです。
    たくさん飲み物買ってたからリサイクルすれば良かったです〜〜
    次回また旅行で行く際にはチャレンジしてみよっと(*^o^*)
    日本にはポイ捨てされた空き缶やペットボトルがあちこちに、、、ぜひ日本でも導入して欲しいシステムですね!
    これからもblogとインスタを楽しみにしてます♬

    • はじめまして!コメントありがとうございます!過去記事からさかのぼって見ていただけるなんて嬉しいです!(*^_^*)
      次回ぜひぜひチャレンジしてみてください!そうですね!日本は当たり前のように自販機がいたるところにあるので、
      ぜひいつか、逆自販機も普及してほしいですね!これからもよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA