sopiva北欧ショップ運営中!!

珍しい自然が見られるÖrö島って?!1度は見たい&行きたいフィンランドのアーキペラゴ!

2015年からついに一般公開されたフィンランドのÖrö島へ観光旅行に行ってきました!

フィンランドのトゥルクから船で4時間離れたところにあるÖröという島。

実は2014年まで一般公開されていなかった要塞であり歴史的な島なのですが、去年の2015年からようやく一般公開され、現在フィンランド人の間でもじわじわ話題になっている観光スポットなんです。

そこで今日は、フィンランドのRositaというÖröへ連れて行ってくれるボート会社と、Visitturkuとコラボをさせていただきまして

フィンランドのアーキペラゴを満喫しよう&Örö島へ行くボートトリップツアー

をご紹介したいと思います。

来年の夏にフィンランドへ行きたいな~と思っているあなたは、ぜひ来年の参考にしてみてね!

あおい

Sponsored Link

歴史と自然が満載のÖröへ!知る人ぞ知る新観光地Örö島って?

Öröへ出発の朝。

img_9796

トゥルクからこのRoshitaの運営する船に乗って出発しました!船はトゥルクの中心を流れる大きなアウラ川を南へ抜けてバルト海へと進みます。

船には4時間乗りますがただ揺られているわけではないのでご安心を!とってもすてきなトゥルクのアーキペラゴの風景を楽しめるんです!

フィンランドには島がたくさん!アーキペラゴっていったい何?

フィンランドの地図を近くでじっくり見てみると、数えきれない程多くの小さな島が地形の周りに広がっているのがわかります。それが、夏の風物とも言える美しい群島「アーキペラゴ」です。

saaristo

バルト海では大小さまざまな島があちらこちらへ点在しているため、このアーキペラゴの景色を360度眺めることができるんです。

それぞれの島から、木造の赤い家を見つけたり小さな鳥小屋が見られたりと、色んな島を四方八方から見て楽しめるのがこのボートトリップの楽しみの1つ。フィンランドの夏のひとときが海の上で味わえるので、夏に旅行へ来られる方には必ず見て頂きたい景色です。

もちろんアーキペラゴの島々だけでなく、いろんな船も一緒に観覧できるので、海や船に憧れのある人にとってはちょっとどきどきする4時間かもしれませんよ!

あれちゃん

ちなみにフィンランドには、179,584もの島があるよー!その中でトゥルクにはなんと20,000もの島がある~!とっても多いね

Sponsored Link

眺めだけでなく、大型遊覧船の内装も北欧スタイルで魅力的!船には小さなBARやテラスもあるよ

島に到着するまで、船でゆっくり快適な時間を過ごします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お天気のいい日はあったかいのでテラスはぽかぽかしていますが、海で風が強いので長袖必須です…

内装はこんな感じ!船の旅路にぴったりな古いマリンスタイル。外でアーキペラゴの群島をゆっくり眺めた後は、船の内装や設計にも注目です。

14oro

ライトのデザインには特に驚いた!よく見ると…碇のマークになってるね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船は大きな揺れもなくおだやかに進んでいくので、船酔いの心配がある人にもお勧めできます。!景色を満喫した後はゆっくり本を読んだり、出会ったフィンランド人とお話をしたり、次の旅行プランを考えたり、絵を描いたり…自由にのんびり心を休めていられます。

そしてもちろん美味しいランチまで付いてくる!!!

98oro

サーモンと野菜のスープ、ライ麦パンがすんごく美味しかった!船で食べるサーモンスープは絶品でした。

Sponsored Link

そしていよいよörö島に到着!小さな島には盛りだくさんの自然と歴史が詰まっていました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-7

到着した船着場にはたくさんの船があり、私達のボートツアー参加者以外にも、家族連れやカップルが自前のボートで訪れていましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先にも述べたように、この島は要塞で2014年まで一般公開されていない島だったため、自然や景色を味わうためにやって来る観光客だけでなく、フィンランドの古い要塞地見学を目当てに来る人も多いみたいです。

ƒ}ƒ“ƒK6ŒŽ30“ú

さすが要塞地…!!なんと島には大きな大砲がありましたよ、、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

örö島はアーキペラゴ国立公園の一部になる前の1915年から2014年までの100年間、軍事基地でした。昔フィンランドがロシアの一部だった頃、この島はバルト海を防御する要塞地だったそうですが、その後はフィンランド国の沿岸要塞砲になったそう。ですから写真のように、島には大きな大砲が今でも存在しているのです。

第二次世界大戦の頃、ロシアの飛行機がörö島の上空を飛び、トゥルクに向かって爆弾を落とそうと攻撃した時には、örö島から空へ飛行機にめがけて光を照らし、攻撃が近づく警報をトゥルクの住民に送るなどしてこの島は活躍していた…とツアーのおじさんが言ってたよ…。

ちょっと想像すると怖いけどトゥルクを守ってくれてた島だったんだね、、、

あおい

15oro

島には他にも、このように物資や人員を敵の攻撃から守るための掩体壕(えんたいごう)があったり、

13oro

戦争時代に使われていたであろういろんな形跡もところどころにありました。

 

古い兵舎です ーアレちゃん #フィンランド#北欧 #島 #兵舎

スオミの旦那と一生一笑さん(@suomi.isshoissho)が投稿した写真 –

長年要塞地として閉ざされていたからこそ、現代に残る美しい自然の数々がある

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな戦争背景を持ち、約100年もの間軍事用にだけに使われていたこともあり、この島の自然は人間に容易く触れられなかったことで、島は珍しい木々や花であふれ、なんと1600種類もの蝶が生きていると言われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこれは夜中に蝶を集める道具なんだとか…

あおい

夜中に来たいー!珍しい蝶をこの目で見たいな、、、、!

そこらじゅうですてきな花を見つけたり…(この花はなんなんだろう…)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森を歩いていれば、まるで妖精でも住んでいるんじゃないかと疑うような光景まで…

10oro

まるでヘムレンさんの気分で散歩が楽しめるね!

あれちゃん

ムーミンを描いたトーベヤンソンさんも昔、アーキペラゴに何度も訪れ、美しい自然に触れながらムーミンのストーリーを創造していました。なのできっとムーミンの世界観が大好きな人は、アーキペラゴで緑やきれいな空気に寄り添うと不思議と、ムーミンの世界に来たような気持ちになれると思います。

 

静かに海の音を聴いたり、草花を見て心を癒したりもでき、öröは自然と歴史の2つを兼ね揃えたとっても魅力的な島でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水もうーんと綺麗なので見ているだけで心が癒されるよ…

img_9764

そんなこんなで島をゆっくりと歴史も知りながら巡りあるき、あっという間に時間が経っちゃっいました…。

数時間の間に島の隅々まで全てを見つくすことはできなかったけど…今回はとっても良い旅になりました!絶対来年も行きたい場所!次はサイクリングできるように自転車持っていかなくちゃ!

まだまだ一般公開されて2年目のÖrö島。来年再来年に夏のフィンランド旅行をお考えの方はぜひこの、まだたくさんの人に知られていない旅行プランを満喫するのはいかが?

Örö島への行き方とツアー情報、料金などはこちらから

2017年örö島へ行くRosita船情報

Visit Turkuが提供中の情報はこちらから

今回はトゥルクの旅行情報を紹介しているvisit turku、ボート会社のRositaとのコラボブログでした!

visitturku_logo

4 Comments

えり

はじめまして。
6月にフィンランド旅行予定で、こちらの情報をいつもありがたく拝見しております。
トゥルク泊なのでとてもわかりやすく、旅行がますます楽しみです。

記事にある群島クルーズがとても素敵で自分でも検索しているのですが、島々の間を行くだけのクルーズも、フィンランドにあったりするのでしょうか…?

返信する
あおい

トゥルク泊とは!嬉しいです!ぜひぜひ楽しんでください!
http://www.visitfinland.com/ja/kiji/finlando-de-sailing-taiken/こことかいかがでしょう?実際にまだ利用してことないので、値段や時間についてはわかりませんが、
このリンク先でお探しのクルーズが見つかればいいのですが、、、
お役に立てず申し訳ないです!!

返信する
えり

こんなにプランがあるとは!
見れば見るほど迷ってたまらないです(´Д` )

行きたい場所がいくつもあるので、ギリギリまで頭抱えておこうと思います…。
最初は、朝からムーミンワールドに行けるからと選んだトゥルクでしたが、トゥルク観光自体も本当に楽しみです。
もう1ヶ月を切ったので不安も出てきましたが(>_<)

情報本当にありがとうございました!
他記事もぜひ参考にさせていただきます。

返信する
あおい

今日は!コメントありがとうございます!!
素敵な場所なので是非機会があれば訪れてみてください!
最近ではトゥルクのルイッサロ島に行く記事も投稿いたしました!(^ω^)
何日滞在されるかによりますが、トゥルクでもめいいっぱい楽しんでいただけますように!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください