3月にオーロラツアー開催します

冬のスイーツ、ルーネベルグタルト作りに挑戦しよう!【元バリスタあれちゃん直伝】【大阪開催】

冬のスイーツ、ルーネベルグタルト作りに挑戦しよう!

昨年は「シナモンロール」のワークショップを開催しましたが、今年は1月の時期にイベントをするということで、ちょうどこの1月の時期からフィンランドで食べられている「ルーネベルグタルト」のワークショップを行うことになりました。

ルーネベルグタルトってどんなお菓子?

ルーネベルグ

ルーネベルグタルトは、フィンランドの国歌「maanmme」の歌詞を書いたことでも有名な、フィンランドの国民的詩人ヨハン・ルードヴィーグ・ルーネベルグがはじまりです。

 

このタルト菓子は、フィンランドで2月5日のルーネベルグの日が近づくたびに、 街のカフェやスーパーに並び、この時期に味わえるお菓子として国民の間で親しまれています。

このタルト菓子の誕生にはさまざまな諸説がありますが、そのひとつに、 当時ルーネベルグさんの行きつけのベーカリーが失くなってしまい、 好きだった甘いお菓子が食べられなくなったことで、妻のフレデリカさんがその甘いお菓子を再現しようとして 作ったのがこのタルト菓子だった、というお話があります。

ご存知の方も多いと思いますが、あれちゃんは実は元バリスタなのですが、カフェで働いていた時は、バリスタとしてだけでなく、ケーキやお菓子を毎日焼いてお客様に提供していました。

そんな経験から、昨年はシナモンロールのワークショップを開催!

(2018年度のイベントの様子)

今回は冬の時期なので、この時期に食べたくなるお菓子をお伝えできたらと思い、彼もおすすめする、美味しいルーネベルグタルトに決定!まだまだ日本で知名度は低いけれど…私もあれちゃんも大好物なんです〜!!

外はサクッ、中はしっとりの美味しいルーネベルグタルト!トッピングには、ラズベリージャムとアイシングをのせています。この機会に一緒に一度食べたらきっと癖になる、フィンランドのタルト菓子を作ってみませんか?

最後は、焼きたてのルーネベルグタルトと一緒に、元バリスタのあれちゃんの淹れる美味しい挽きたてコーヒーをお楽しみください。

補足
ルーネベルグタルトの形状は写真と少し異なる場合があります。ご了承くださいませ。

2月5日はルーネベルグの日

ぜひこのタルト菓子を、お家でも簡単に作っていただければと思い、 すべての材料は日本で調達したもので作ります。ぜひイベント後も、または2月5日にご家庭で試してみてくださいね。

注意
卵・アーモンド・カルダモン・生クリーム・小麦粉・バターを使用します。アレルギーをお持ちのお客様はご注意ください

あおい

このイベントは、参加人数が少人数です。ご予約はお早めに。

イベント開催について

日程

1/19 (日) 第1部 11:00~13:30 満席です
     第2部 15:00~17:30 満席です

場所Keitto 大阪メトロ「四ツ橋」駅または「西大橋」駅から徒歩5分以内

参加費税込2,800円 

定員各回8名様ずつ

持ち物エプロン・ハンドタオル 髪の毛の長い方は束ねて来てください

お申し込み方法

こちらの公式サイトKeittoより、12月12日(木)12:00から受付開始です。
(12日までは予約ページが公開されていません。12日の12:00からサイトでご予約ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください